OxiDeのこだわり

OxiDe オクサイドブランドとは?

Oxide = 化学酸化物=錆

あえて金具に錆を出すことにより、革の持ち味をより一層引き出している。
IL RICCIO社の中でOxiDeブランドは植物なめしの馬革+OxiDe金具を使用した、最上級ブランド。

イタリアの若き革職人 IL RICCIO イル リッチオ

若きイタリアの革職人が現代のデザインと革の聖地であるトスカーナ地方伝統の技法を融合し商品開発、
ハンドメイドの革製品を制作している。
彼らが大切にしているのは、「ハンドメイド、自然、シンプル、made in Italy」。
革のなめし工程から仕上げまで非常に時間がかかり大量生産はできないが、昔からの技法、こだわりを今でも守り続けている。

皮革へのこだわり : 最上級の植物なめし馬革製

大量生産、時間短縮、色落ち防止等の為、クロームなめしが一般的な時代に、
OxiDeは自然で安全な植物なめしにこだわった最高級の馬革のみを使用。
イタリア職人のこだわり「ゆっくり時間をかけ、その時々に出る色の個性を楽しみ、
植物なめし独特の革の匂いに感動する」をモットーに一枚一枚時間をかけ染色されています。
これが、革本来の良さを出し、地球環境にも貢献しています。

植物タンニンなめし革は、使用する時間と共により美しく、より深い味わいが出てきます。
OxiDeに使用されている革はイタリア トスカーナ地方で手作りされた最高級植物なめし革の証である
「Pelle Conciata Al Vegetable in Toscana」を使用しています。
※個々商品に「Pelle Conciata Al Vegetable in Toscana」の証明書が付いています。

「タンニング(なめし)工程」とは?

「タンニング(なめし)工程」とは動物皮のコラーゲン線維を精錬純化して、
この線維を鞣剤によって処理し定着固定する工程。
必要に応じて、染色・加脂を施し、柔軟にする作業を総称しています。
さらに耐久性やファッション性を付加するため、革の表面に塗装仕上げ等を行っています。
簡単に言いかえれば、この工程で硬い「皮」から柔らかい「革」へと変化させる工程になります。

CONTENTS

ページトップへ